割りふってます for Explorer

 

 
WindowsExplorer上に、「REXエスクローサービス」の仮想ドライブを作成します。
このドライブにファイルを保存すると、HDDに書き込まず、自動的に割符化し、事前に指定した別々のストレージに分散保管されます。一旦割符化して保存されたデータは、WindowsExplorerからファイルを開き、編集、上書き保存することができます。また、既存の業務アプリケーションとの連携も容易です。業務アプリケーションで操作される機密情報等の保管先を上記仮想ドライブにすることで、業務アプリケーションで扱う情報を簡単に保護することができます。

割符を保管するストレージとして、お客様ネットワーク内のNAS等を指定すれば、セキュアなファイルサーバとして、ファイル保存および共有が可能です。

また、割符を保管するストレージとして、ノートPC上のフォルダ、USBを指定すれば、ノートPCの盗難、紛失時も、保存されたデータは、割符化されているので安心です。

 


資料のダウンロード

 

お名前 (必須)

会社名

メールアドレス (必須)

[送信する] をクリックすることで、当社のプライバシーポリシーに同意するものとします。