リスクシェア型のマイナンバー法 (番号法)対応を高度化

「REXエスクローサービス」が、マイナンバー法(番号法)に基づき本年10月から付番開始となるマイナンバー(個人番号)管理に対処する合理的デザインのサービスをブラッシュアップして市場供給開始します。

名称(仮称)は、

「REXエスクローサービス for マイナンバー」

同法では、既存の個人情報保護法よりも厳格な情報管理が要求されており、罰則も厳しい特徴があります。更に、本法は1件のマイナンバー(個人番号)管理から法令の対象となる為、事業者等の規模の大小に関係なく情報管理(特に安全管理措置)が問われることになります。更に、この情報管理を外部委託する際にも委託先監督責任が発生しますので、これまで同様のリスクが想定されるサービスには安易に頼れません。

本サービスは、主として本法対処に頭を悩ませる中小零細事業者を対象として提供されます。本法で関連する事務で必要な業務ソフトウエアの個人番号を通常時は秘密分散技術(電子割符)(注1)を適切に用いて安全に管理し、業務で必要になった時にのみ、本サービスからお客さまが個人番号を復元して利用できます。また、業務ソフトウエア側で生成した最終Fixデータ(特定個人情報)も預かることが可能で、本法で定める事務の業務アプリ開発会社様には、この部分のインターフェースを提供できる準備を進めております。
マイナンバー法(番号法)事前準備用サービス供給開始時期は、各お客様のマイナンバー法(番号法)対処準備も踏まえ、本年4月10日からとなります。
(正式商用版は、10月01日から)

現実的且つ、合理的な対処法をすぐに欲しい皆様。
秘密分散技術(電子割符)を利活用した非個人情報化と、
リスクシェアデザインを活かした番号法対処を導入したい方等、
是非お問い合わせください。